知ってましたか?消泡剤はとても身近な所で使われています!


消泡剤って何に使われるの?

消泡剤とはその名の通り、泡を消すためにある物を加えて泡を消し、抑泡します。石鹸などの洗剤類や豆腐を作る行程に出る泡、金属にリン酸処理を行う際に出来る気泡などを抑泡する為に使われ、それぞれの性質に合わせた添加物を使用します。

泡の性質は有効的なものばかりではない

洗剤の泡は、界面活性剤の起泡作用により汚れが浮かび上がり、汚れを落とすのに効果がありますが、工業分野や一部の食品分野においては、有効的なものばかりではありません。工業分野の場合、塗料製造の注入や攪拌による気泡の発生で品質の低下がおこり、錆や腐敗を抑えるリン酸処理は、金属が反応して気泡が発生する性質があるので、気泡が付着したままだと表面がざらざら状態になります。洗剤も不安定であれば、排水口に泡が溢れたりと環境にもよくありません。それらの不具合を解消するために、消泡剤があるのです。

消泡剤の種類・選び方

消泡剤の種類は大まかに分けるとシリコーン系・鉱物油系・ポリエーテル系があり、これらに界面活性剤や疎水性粒子などを組み合わせた様々な消泡剤が市販されています。特に多く使用されているのがシリコーン系の消泡剤で、安全性が高くあらゆる泡への抑泡の効果があり、食品や洗剤などの日用品から排水処理や工業分野にも、幅広く使用されています。

食品用にはシリコーンオイル100%で構成されたノンシリカタイプの「オイル型消泡剤」を使い、排水処理や一般工業用には取り扱いも容易で、様々な水系発砲液に使用できる「エマルジョン消泡剤」が使われてます。消泡性重視であれば、「オイルコンパンド型消泡剤」、長期間の消泡効果を持続させたいのであれば「固形型消泡剤」を使用するなど、用途によって使い分けすることをおすすめます。

オイルタイプの消泡剤は、できた泡を素早く消すことができるのが特徴です。しかしながら、持続性があまりありません。