普通の照明と何が違うの?LED照明を利用するメリット


利用における寿命の長さ

蛍光灯を始めとした数多くの照明の種類の中で、時代の移り変わりとともに需要が伸びているのがLED照明です。LED照明には従来の照明とは異なる大きな特徴がいくつかあって、その一つに寿命の長さがあります。従来の照明がコイルに電流を流すことで明かりを放出しているのに対して、LEDはシリコンやゲルマニウムによって電流を直接光に変換できるのが特徴です。商品や使う頻度によって若干の違いはありますが、LED照明の平均寿命は4万時間で、これは一昔前に主流とされていた蛍光灯の4倍と言われています。

消費電力の抑制によるコストカット

寿命の長さと共にLED照明ならではの魅力として挙げられるのが消費電力の少なさです。従来の白熱灯の電気は光と熱の組み合わせによって作られているため、必然的に消費電力が高くなってしまいます。LEDの場合、大半が光によって作られているため、熱エネルギーを殆ど消費しません。これによって、白熱電球の1/6、蛍光灯の1/2程度の電気代で済みます。オフィスなど照明をたくさん使う場所の照明を全てLEDに交換することで大幅なコストカットが可能です。

紫外線や赤外線の放出量が少ない

自動販売機など、夜間に屋外で照明を使う場合に頭を悩ませるのが虫の存在です。昆虫は紫外線に引き寄せられる習性を持っていて、従来の蛍光灯から放出されている紫外線を目当てに集まってくると言われています。LED照明は紫外線の放出が少ないのが特徴です。微量で虫が気が付かないほどしか放出されていないため、虫が原因で商品の売り上げが落ちるなどのトラブルを防ぐことができます。

LEDライトパネルは、デザイン面を輝度の高いLEDチップを配置した光源で背面からライトアップするパネルのことです。