CADには2D・3Dそれぞれに色々な利点があります!


まず2DCADの利点は何かを知ろう!

今や建築以外の分野でも導入している企業等が多い、CADの導入を考えている方もいるのではないでしょうか。CADには2D・3Dタイプがあり、それぞれに利点があります。まず、三角法と呼ばれる従来型の紙の作図法を落とし込みやすいという点です。紙の作図をする現場等では、それをPCに移行させやすいという利点を活かしている所もあります。次に、安価に導入出来るというコスト面の利点も存在します。CADの普及が進み、提供も簡単になった事から価格が低下している傾向にあります。また、PCの容量をあまり圧迫しないという点も利点の一つといえるでしょう。

3DCADの様々な利点を紹介

3DCADの最大の利点といえるのが、完成形が容易に確認出来るという点になります。製図をした後に3次元表示されるため、誰でも完成形が感覚的に分かります。また、体積や表面積等の計算が可能であるという利点もあります。これは実験分野等の数値が重要になる分野で大活躍します。その他、3Dプリンターとの連携も容易であるとう利点も近年では欠かせないものとなっています。3DCADで製図した物の試作品作成もすぐに可能なため、製造業等でも広く利用が進んでいるようです。

さらに、3Dから2D化する事が出来るというのも利点の一つといえます。3DCADを導入すれば2DCADの役割も果たせるという事で、2種類の製図タイプ両方を使用するという企業等に重宝します。このように2D・3D共に色々な利点があるCADですが、それぞれの利点を見比べて自分たちに必要なのはどちらかを検討しましょう。

水道CADとは、上下水道の配管図面を作成することを目的としたCADです。配管図面を短時間で正確に作成できる優秀さから、登場当時からすぐに広く利用されるようになりました。