コンビニ大手のフランチャイズで店舗経営をするメリットとは?


未経験者への手厚いサポートが魅力!

未経験の方が食料品や日用雑貨を扱うお店を開業しようとすれば、何かとハードルが高くなるのが通常です。土地や建物を用意しなければならない上、店舗の内装や設備の準備、さらに仕入れや従業員の確保まで、店舗経営に関する全てを行う必要があります。経験やノウハウそして資金がなければ、経営を継続し続けるのはなかなか難しいのが現実でしょう。

この点、大手コンビニのフランチャイズ経営ならば、手厚いサポート体制を整えているので、未経験の方でもハードルを下げてスタートすることが可能です。例えばあるコンビニ大手の場合、フランチャイズ本部が土地や建物を用意して、店舗の水道光熱費の80%を負担する制度があります。また別のコンビニ大手では、月給制のインターンとして店舗経営のノウハウを習得し、一定の経験を積んでから独立できる制度があります。この場合には、開業時の加盟金や開店準備手数料を免除してもらえます。

大手ならではの圧倒的なブランド力があるから安心!

一般的に個人経営でお店を開業しても、世間での認知度や信用性などが低いため、お客さんを獲得するまでには時間がかかるものです。しかしコンビニ大手のフランチャイズであれば、圧倒的なネームバリューの高さとブランド力によって、速やかに集客することが可能です。これならば未経験でコンビニを始める方でも、開業時の広告宣伝活動で余計なコストや時間を費やすことなく、スムーズに店舗経営をスタートできるでしょう。仮に地域で広告宣伝が必要になっても、フランチャイズ本部のマーケティングやノウハウに基づいた、優れたサポートがあるので安心です。

フランチャイズ募集は各本部から定期的に募集がかけられています。応募の際には、まとまった額の加盟金が必要です。